雪の積もった屋根 修理中 大きい屋根の家

雨漏りの原因

修理中

雨漏りの原因は瓦などの老朽化だけではありません。サッシ周りや外壁の防水コーキングの劣化やバルコニーと雨水間の接続不備などが原因の場合もあります。雨漏りが確認されたらまずは業者に原因究明の調査をしてもらいます。防水コーキングの劣化が原因の場合は費用は数万円ほどです。修理期間もコーキング補修のみの場合は短いです。しかし、屋根の老朽化に加えて他の要因が関連している場合の修理は大掛かりなものとなり、費用も高くなります。

瓦屋根のメンテナンス
漆喰は10年ぐらいで剥がれ始めます。定期的に屋根の点検を行うことで小規模な修理で対処できます。瓦屋根の場合チェックするポイントはいくつかあります。まずは陸棟や隅棟部分の瓦の変色やズレの有無です。次に鬼瓦や隅鬼瓦の傾きや隙間の有無です。そして袖や屋根平、壁ぎわ部分の瓦にひび割れやズレが生じていないかを点検します。自分で漆喰を修理する時に樹脂系の接着剤やコーキングを代用すると雨が入った場合雨漏りの原因となるので注意が必要です。

火災保険を使って

屋根と空

雨漏りの修理に火災保険が適用される場合があります。ほとんどの火災保険には風災が基本補償となっています。風災とは具体的に言うと、突風・暴風雨・強風・旋風・台風・砂嵐・季節風・竜巻・ビル風などのことです。これらの気象条件が原因で建物に損害が生じた場合保険が適用されます。火災保険請求は個人でも行うことができます。しかし、被災日時や場所を具体的に申請する必要があるので業者に依頼する方が保険請求が通りやすいです。

新築でも発生します
雨漏りは古い建物だけがするとは限りません。新築でも場合によっては、雨漏りが発生する事が有るので注意が必要です。また原因箇所が屋根だけとは限らず、窓の枠などから漏っている事も有ります。

怖いのは雨漏りをしていることに気が付かないケースで、知らないうちに天井裏が雨水で腐ってしまう事が有ります。雨漏りをしたからといって、天井から垂れるとは限りませんので気をつけるようにしましょう。ですから定期的に点検するといったことも重要になります。

定期的に点検

大きい屋根の家

家を外からや中から観察して壁にヒビが入っていないかや、雨が伝った跡が無いかを点検します。もし何かを発見したら、すぐに対策をとるようにします。対策が早ければ早いほど簡単な修理で済みますし、費用もかかりません。

自分で直せる場合は、ホームセンターでコーキング剤等を購入して、原因箇所を修理します。修理した後は再び確認をすることも忘れてはいけません。ですが修理しきれない場合は専門家に依頼する事をおすすめします。

業者に依頼すれば安心

瓦の屋根

専門の業者に依頼をすれば、雨漏りの原因を特定して根本的に直してもらえるので、安心です。ですが、料金は多少かかってしまうかもしれません。ケースによって異なるので、一概にいくらとは言えないのですが、1万円程度から50万円程度と考えておきましょう。

50万円かかるというケースはかなり深刻な状態で、屋根が腐ってしまってリフオームが必要な状況です。よく有るのが瓦の割れによる雨漏りで、その周囲の補修をして20万円程度というものです。